革巻きハンドルの色剥げ・擦れをリペア

ダットサンの本革ハンドルが送られてきました。昭和40年代のお車だそうです。当然ながら、部品の生産は終了していますので、純正ハンドルに取り替えることはできません。

経年による、擦れや色剥げが発生しています。純正のハンドルを使っていきたいとのことでのリペアのご依頼です。色は艶消しの黒にして欲しいとのことでした。

 

■ダットサンの本革ハンドルのリペア前

革巻きハンドルの色剥げ・擦れ

革巻きハンドルのリペア

 

■ダットサンの本革ハンドルのリペア後

本革ハンドルの色剥げ・擦れのリペア

本革ハンドルのリペア

 

このように、擦れや色剥げも綺麗に直りました。また、調色して塗装しますので色変えも思いのままです。

革製品・合皮製品であれば、自動車のハンドルもリペア可能です。お気軽にご相談ください。

 

>>革・レザーリペア倶楽部HP