栗はモンブランだけではない


こんにちは。
みのり農場の麻生真司です。

表題の通りですが、栗を使ったお菓子の代表格と
言えばモンブランが一般的かもしれません。

本日、福岡県宗像市からたまご色のケーキ屋さんに
お客様が来て下さいました。

そのお客様のお目当は秋の限定商品の「和栗のプリン」。

このブログを毎日読んで下さっている方は9月末にご案内したので
もうお知らせしてだいぶ経つので、少し懐かしいくらいかも
しれません。

でも、そのお客様は当店のLINE@でお知らせしてすぐに買いに来てくださる予定だったそうです。

しかし、そのお客様が来ようと思ったその日がちょうど
台風の接近でたまご色のケーキ屋さんが臨時休業させていただいた
のです。

そのお客様は宗像。たまご色のケーキ屋さんは唐津。
その日、唐津は暴風雨だったのですが、宗像は晴れていたらしく、
そのお客様からLINEで「こっちは天気がいいから、唐津に行きます!」と何回もメッセージが来ていました(笑)

でも、唐津は天気が大荒れなので「来ないで下さい!」と何度も
送り返していました(笑)

あまり納得していただけなかったのですが、どうにかご理解いただけた
ようでしたが、その因縁が今日、ようやく結実したようです・・・。

「やっと食べたかった和栗のプリンが買えた!」と笑顔で帰って
行かれました。

あの笑顔を見ると僕も嬉しくなりましたね♪
福岡市より遠い宗像からですので、福岡でお菓子を買われるのより
唐津まで買いに来ていただくのは色んな意味でエネルギーが必要です。

そこまでして買いに来てくださって本当にありがたい限りです。

とっても美味しい和栗のプリン☆

とっても美味しい和栗のプリン☆

改めて和栗のぷりんの説明です。

栗は熊本県産のものをペースト状にして使用しています。
そこに当店自慢のなめらかプリンの生地と合わせます。
なんとプリン生地6:和栗ペースト4という事で
4割も栗ペーストが占めています。

それを低めの蒸気でふるふるにゆるく蒸します。

蒸しあがったら急冷し、芯まで冷まします。

冷ましたら無添加の生クリームをゆるく泡立てたものを絞ります。
仕上げはカカオ分52%のクーベルチュールチョコレートを
削り生クリームの上に少しかけます。

主役はあくまでも熊本県産の栗。

それを引き立てるための生クリームやチョコレートです。
誤魔化すものではありません。
薄く削ったチョコレートが口の体温で溶けます。
溶けた瞬間にようやくチョコレートの香りが広がるのです。

最初は栗、そして生クリーム。
時間差でチョコレートがほのかに・・・。

この時間差の味や香りの変化が最後まで1個を飽きずに
食べれる秘訣であり、栗の存在感を高めるのです。

ですから、生クリームやチョコレートが出すぎてはダメなのです。

もうすぐ、栗も無くなって来ます。
モンブランもいいですが、栗プリンも美味しいですよ☆

 

 

佐賀の注文住宅の事ならデッシーに聞け
激安家具の事なら俺にまかせろ
自然健康食や卵(たまご・タマゴ)の事なら彼がいいですよ。
革レザーの補修、修理、リペアならここ