緒方慎一郎氏の講演を聞いて感激

こんにちは。
みのり農場の麻生真司です。

先週の日曜日に唐津市にあります旧唐津銀行で
講演会が開かれました。

株式会社SIMPLICITYの緒方慎一郎氏の講演です。

実は緒方さんのお名前は失礼ながら存じませんでした。

ですが、講演会のパンフレットに東京の和菓子HIGASIYAなど
知っているとてもセンスのいい和の分野で気になっていた
お店を経営なさっているという肩書きが
書いてあり、和の文化を伝えて残していきたい僕としては
これは是非行かねば!と思い参加しました。

内容はとても感激したのですが、講演会が彼が手がけてきた
作品や仕事、考えなどスクリーンに映しながら説明されたので、
帰ってきて親にどれだけ話に感動したか伝えようと思っても、
なかなか上手く表現できませんでした・・・。

言葉でジェスチャーで上手く伝えられなかったので、ブログで
文章のみでお伝えするのもさらに難しいと思います・・・汗。

何に感動したかと言いますと、自社ではメインとしてはデザインの
お仕事をしてあるのですが、ご自身の会社で日本料理店、
和菓子店、日本茶喫茶店を経営されていました。

日本料理店にしても、和菓子にしても、ご自身は料理人や菓子職人
ではありませんが、食そのものや空間をデザインする意図、
それらが、本当に本質をついていて、日本古来からの歴史、
日本人が向かうべき方向性などがふんだんに取り組んでありました。

料理も体に本当に優しく、かつ器のデザインも自身でされて、
今の時代にどうあるべきか?ということが計算されて
作ってありました。

和菓子も2店舗のうち1店舗の高価格帯の和菓子は
体に負担が全くないと言っていいほどの素材で作られて
いました。もちろん儲からないし量もできないのですが、
本当に必要だと思いお店を運営されています。

その和菓子屋さんのコンセプトや方向性が、
いずれ僕がやりたいと思っていたそのままの
ものでしたので、本当に感激。

デザイナーさんなので、パッケージや包装含めて
僕が思っていた以上のものが現実にありました。

日本はもちろん、世界の文化や歴史にも緒方さんは
かなりの知識を持ってあり、持続可能で、争いのない
世の中になるには、これから日本人が本来持っていた
精神や知識、考え方を現代に洗い直して、やっていくことで
世界はもっと平和になっていくと持論を話されました。

長々と書きましたが、緒方さんの講演会の内容を
上手くお伝えするのは難しいかもしれません。

ですが、僕もどうやったら自分の仕事や知識を
活かしてもっと世の中を良くしていけるかな?と
考えを深めるとてもいいきっかけを頂きました。

本当に言ってよかったです。
尊敬する人がまた一人増えてとても嬉しいです☆

緒方さんの講演会のポスター☆

緒方さんの講演会のポスター☆