海賊と呼ばれた男を観に行きました

こんにちは。
みのり農場の麻生真司です。

先日、久しぶりに映画をみにいきました。
題名の通りですが、V6の岡田君が主演する
「海賊と呼ばれた男」です!

出光興産の出光佐三さんをモデルにした映画で、
出光さんを岡田さんが演じるというものです。

実は僕、出光美術館が大好きなんです。
江戸時代の和尚さんで仙厓さんという水墨画を描く
方がおられて、

とても可愛くてユニークな絵を描かれます。
その絵を出光美術館がたくさん所蔵しているんです。

しかも出光美術館は月曜が祭日の場合は翌日火曜日は
開館しているんです!

どこの大きな美術館、博物館も月曜休館、月曜祭日の場合は
翌日火曜日は振替休館なので、見れないのです!

なぜなら僕は月曜が定休日で、月曜日が祝日の場合は営業し
翌日火曜日はお休みだからです!そう、美術館、博物館と
同じお休みのパターンなんです!
ですから基本的に美術館に行けるのはその月曜祝日の次の日の
火曜日に開館している出光美術館ということになります!

・・・。
前置きがとっても長くなりました。
そういう訳で、普段全く映画を見ないのですが、
なんせ大好きな出光さんをモデルにした映画となれば
観に行かなくては!と頭の中にありましたので、
早速観に行った訳です。

出光佐三さんは、仙厓さんを蒐集した人だから落ち着いた
穏やかな人なんだろうなあと想像していました。
映画を見るまでは!

でも、実際に映画を観てみて、抱いた感想は
全く逆で、男らしくて、信念と野心に燃える男性でした!!
今ではあんなに大きな会社になっている出光さんにこんな歴史が
あったのかあ〜と感心しきりでした。
何度も会社が潰れそうな重大な危機があったんですね。。

僕の父の知り合いが出光の社員さんで、
出光の新入社員が入社した後に合宿で新入社員研修を
受けるそうなんですが、毎年、研修を受けた全員が
泣いて帰ってきて、「この会社に入って良かった!頑張ります!」
って言うってエピソードを聞いたことがありました。

その話を聞いた時は「へ〜、出光さんってそんなに熱い会社さんだ〜」
くらいの認識だったんですが、出光さんの映画を観て
なるほどの納得でした。

なかなか文章ではこの映画の凄さは表現できないので、
是非、実際に映画館で見ていただけたらいいかもしれません。

ちなみに、みのり農場のスタッフには是非見るようにと
僕が勧めていまして、観に行ったスタッフには映画代を
プレゼントします☆

ちなみに映画の中で出光さんの社長室のような
部屋が何度も出てくるのですが、
そこの壁に掛け軸がかけてあります。

おそらく出光さんが蒐集した仙厓の書いたものだと
思いますが、そんなところが元々出光美術館好きの
僕にはたまらないシーンでもありました(^ ^)

海賊と呼ばれた男☆

海賊と呼ばれた男☆